給食a_edited_edited.png
こだわりの
​給食

​「食育」の重要性

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎と位置付けられるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践できる人間を育てるものです。

こうした「食育」がいま重要とされる背景には、近年、食に関連した様々な課題が浮上していることがあります。

例えば、栄養の偏りや不規則な食事などによる肥満や、それらが原因と考えられる生活習慣病の増加がみられます。

また、食の安全や信頼にかかわる問題や、外国からの食料輸入に依存する問題など、食を取り巻く環境が大きく変化しています。

こうした中で、食に関する知識を身に付け、健康的な食生活を実践することにより、心と身体の健康を維持し、生き生きと暮らすために、食育を通じて、生涯にわたって「食べる力」=「生きる力」を育むことが重要になっているのです。​

​「食べる力」=「生きる力」を育む

三神ほーぷ保育園では「食育」によって下記の力を育みます。

・心と身体の健康を維持する力

・食事の重要性や楽しさを理解する力

・食べ物を自分で選択し、食べようとする力

・家族や仲間と一緒に食べる楽しむ力

・食べ物の生産過程を知り、感謝する気持ち

​こだわりの給食

三神ほーぷ保育園の給食のこだわりは下記のとおりです。

・地元の新鮮とれたて野菜を使用

・小麦粉は使わず米粉を使用

・調味料は「体に良いもの」を選択

 (例)砂糖→てんさい糖、きび砂糖

      塩→ぬちまーす、しままーす

・食品添加物不使用の手作りおやつを毎日調理

・噛む力を育む和食中心の献立

・BLWで食べる意欲を養う

​・月に一度世界の料理を提供する「食の世界旅行」を実施

・行事食やお誕生日会メニューで食事の楽しさを伝える

​・2歳児さんはテーブルマナーも楽しく学ぶ